中林 香が贈る女性のための心と体と車のブログ

元女性カーレーサー中林かおるが、男性社会でキャリアを積みながら身をもって学んだのは 『男と女は肉体的にも心理的にも全く違う生き物』 ということ! 女性が無理やり男性と同じ枠組みで生ききようとすれば、ココロやカラダに大きな負担を与えることになりかねません。
クルマの運転はもちろん、心の問題や体の不調、ストレスなども、女性であることを大切にしたアプローチで、もっと減らせます。男社会で生きてきたからこそ身に付いた、女性がもっと楽になる、ココロとカラダに優しい生活のための知恵やテクニックをご紹介していきます。

中林 香

アクセルから足を離すと勝手にニュートラル?

今朝のYahooニュースのトップにあった記事
「ガソリン高騰の中 燃費向上へ“特効薬” AT車レバー 切り替え装置」
にはちょっとびっくりしました。なんでも、アクセルから足を離すと勝手にニュートラルモードに
切り替える装置(取り付け代込みで11万8千円)だそうで、燃費向上を狙ったものだとか・・・。
でも、これってわたしにはちょっと危険なように思えるんですが、どうなのかなぁ~?

ニュートラルの状態って、簡単に言えば、クルマのタイヤに何の力も伝わっていない状態なんですよね。走行中にニュートラル状態になるという事は、つまりある程度のスピードが出ていてタイヤが
回転している状態から、いきなりタイヤをエンジンと切り離して「放置する」って言えば
良いんでしょうか?当然ですがエンジンブレーキも利かず、タイヤはそのまま空走し続けます。
たしかに、ガソリンは燃焼されないので、燃費は多少良くなるとは思いますが・・・。

でも、ニュートラルの状態で、他の方向から何かの力が加わった場合は、(たとえば他のクルマ
からぶつけられたとか、何かに衝突したとか)、駆動力も制御力も与えられていない状態の
クルマだと、そのままどこに吹っ飛んでいってしまうかわかりません。

レースでは、スタートして走り出してからクルマをニュートラル状態にすることは全くありません。
シフトチェンジの時もニュートラルで空走するロスを無くすため、クラッチを切らずに
シフトチェンジします(速度とエンジン回転数とギアが完全に合っていれば、クラッチを
切らなくてもシフトチェンジができます)。
これは、ニュートラル状態だと遅くなるから・・・というだけではなく、クルマが不安定になるのを
避けるためでもあります。ニュートラルの状態で他のクルマと接触すると、
本当に簡単にコースの外へ吹っ飛んで行ってしまいますから・・・。

ですから、わたしは運転の基本は(レースに限らずですが)、クルマが動いているうちは、
とにかく何かしらの力をタイヤに伝え続けて、クルマの動きをコントロールすることだと
思っています。勝手に回転しているタイヤの上に乗っかっているなんて、
いくら燃費が向上すると言われても、ちょっと怖くてわたしにはできません。

この機械を付けて、果たして本当に安全に運転ができるのか・・・、機械の誤作動はないのか、
この方法でどの程度のリスクがあり、どの程度のメリットがあるのか、その辺りをもっとキチンと
検証するべきじゃないかと思います。

それにしても、このような機械が発売されてニュースになるほど、ガソリン代の高騰が
わたしたち庶民にとって大問題になっているという事なんですね。
わたしは早くガソリン以外の燃料で走るクルマが一般的になれば良いなぁと思っていますが、
まだまだ先のことなのでしょうか・・・。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったらポチッと応援↓よろしくお願いします♪
 

大学生ブログ選手権

にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dp45114141.lolipop.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/155