中林 香が贈る女性のための心と体と車のブログ

元女性カーレーサー中林香が、男性社会でキャリアを積みながら身をもって学んだのは、『男と女は肉体的にも心理的にも全く違う生き物だ』ということ! 女性が男性と同じ考え方や生き方をすると、心や体に無理な負担を与えることに・・・。

車の運転はもちろん、心の問題や体の不調、ストレスだって女性の視点からのアプローチで、もっと減らせるんです。男社会で生きてきた女性だからこそ気がついた、女性がもっと楽になる、体と心に優しい生活のための知恵やテクニックをご紹介します。

中林 香

ポジティブ・フィーリング

ポジティブ・シンキングという言葉はよく聞きますけど
実際に試してみると長期的にキチンと効果がある人
ってあんまりいないんじゃないでしょうか?

もともとポジティブ傾向が非常に強い人でもない限り
表面的にポジティブな言葉を何度も唱えてみたり
ネガティブな思考をむりやり止めようとしたりしても
上手く作用するどころか、かえって落ち込んでしまって
苦しくなるといった副作用が出てしまう危険性もありえるので
わたしはポジティブ・シンキングに対して
あまり良い印象を持っていないんです。

思考のパターンを変えて言動まで変えていくようなことは
なかなか簡単にできることじゃありません。
本当にネガティブな思考回路を変えようとするならば
その回路ができた原因までさかのぼって探っていって
その時点の記憶から変更する必要があるからです。

人間の思考のシステムっていうのは
基本的に記憶のデーターベースに集積した
過去の経験やどこかで得た知識などをパターン化して
自分の行動を決定するという仕組みだともいえます。
簡単に言ってしまえば『思考は過去のもの』なんです。

今起こっていること、または今後どうなりたいかに対して
過去のデーター分析から対応しようとするのが
この思考パターンによる言動ということになります。
人生のどこかでそのパターンが出来上がってから
それで苦しい思いをしようが、自分を追い詰めようが、
ずっとそのパターンを使い続けてきたのには
本人なりの理由や信念、またはMYルールが働き続けて
いたわけなんです。(自覚しているしていないに関わらず)

そのように長年培ってきた思考パターンならば
単純に新しい思考パターンに置き換えられませんよね。
たとえポジティブ・シンキング関連の成功本を読んで、
なるほどと納得して実践したとしても、以前のパターン
を続けた理由や信念の問題を完全に解決しない限りは
ちょっとしたことで簡単に元に戻ってしまうでしょう。

そこでわたしがオススメしたいのが
『ポジティブ・フィーリング』
ポジティブな感覚を使っていくことなんです。
わたしは他の記事の中でも盛んに書いていますけど
感覚や感じることって今現在に意識を合わせないと
できないことなんですよね。
何かを思い出して過去の感覚がよみがえる場合でさえ
その感覚を再び感じているのは『現在の自分』なんです。

自分の言動パターンを変える方法として『思考』を使うと
どんなにポジティブなことを考えてみても、頭の中のデーター
ベースはネガティブな思考まで一緒に読み込んでしまうので
慣れないポジティブな思考を維持するのが難しいんですね。

ですからイメージトレーニングで自分を望む方向に向けようと
する時には、頭を使うのを止めてポジティブな感覚に意識を
集中させてみてください。

自分の希望が叶ったらどんな感覚を味わうことが出来るの
でしょうか?過去にどんな小さなことでも、嬉しかったことや
楽しかったことがあれば、その時の感覚を思い出してみて
ください。

カラダのどの辺りに、どんな変化がおきましたか?
それは暖かい感じでしたか?
フワフワとした感じでしたか?
何かがこみ上げてくるような感じでしたか?
景色はどのように見えたでしょうか?
味にたとえると、どんな味でしたか?
音にたとえると、どんな音だったでしょうか?

それらのポジティブな感覚を今現在のあなたの全身に
取り込んでみてください。
その全身の感覚があなたの幸せな状態なわけです。
無理やり思考パターンを変えるのではなく、今現在に
ポジティブな感覚を持ち込むことで思考の抵抗を受ける
ことなく、あなたはポジティブな存在になれるんですね。

そのポジティブな状態で次の言動を選択してみましょう。
それは今までのあなたの思考パターンからの言動とは
違ってくるのではないでしょうか。

過去を変えるのは難しいけれど、現在を変えるのは
思考から離れることさえできれば意外と簡単なんです。

思考よりも感性で。ポジティブな『今』を体現してください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dp45114141.lolipop.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/113