中林 香が贈る女性のための心と体と車のブログ

元女性カーレーサー中林かおるが、男性社会でキャリアを積みながら身をもって学んだのは 『男と女は肉体的にも心理的にも全く違う生き物』 ということ! 女性が無理やり男性と同じ枠組みで生ききようとすれば、ココロやカラダに大きな負担を与えることになりかねません。
クルマの運転はもちろん、心の問題や体の不調、ストレスなども、女性であることを大切にしたアプローチで、もっと減らせます。男社会で生きてきたからこそ身に付いた、女性がもっと楽になる、ココロとカラダに優しい生活のための知恵やテクニックをご紹介していきます。

中林 香

本当に「健康」に生きるって?

昔からずっと「ちょっと変だなぁ~」と気になっていたテレビのCMがあります。
医薬品メーカーの「食べ過ぎたら飲む」っていうやつです。特に忘年会シーズンになると
頻繁にCMが流れていたように思います(今はTVを見ていないのでわかりませんが・・・)。
このCMを見るたびに、「これがあるから食べ過ぎても大丈夫って思う人もいるのかな?」
と感じていました。必要以上に食べて、気分が悪くなったら薬で消化を助けてもらって
また食べる・・・。なんだかすごく不健康で不自然な感じがしていました。

日本ではもうずっーと長い間「健康ブーム」が続いていて、健康食品や健康器具などの
市場は何百億円とも何兆円とも言われています。つまり、「健康」って言葉を持ち出せば、
すごく利益に繋がりやすい、健康=良いビジネスになっているということですよね。

たとえば、昔は人が自分でやっていた、ちょっと面倒なことは、今では全て機械が代わりに
やってくれます。日常の掃除、洗濯、食器洗いに至るまで、スイッチポンだったりします。
どこかに移動するのも、交通機関が充実していて、1日に歩く距離なんてほんの少しだけ。
本来、使うエネルギー量(運動量)が減ったら、取り入れるエネルギー量(食事量)もそれに
合わせて減らさなければバランスは維持できませんが、昔の重労働をしていた人たちよりも
現代人は明らかに多くの食事(高エネルギー)を摂取していると思います。
使用量<摂取量ならば、どう考えても使用できなかった分は貯蔵される・・・つまり太るのは
当たり前のことだと思います。

わたし自身も、現役時代と比べると、○kgくらい体重が増えています。現役時代はずっと、
トレーニングを5時間くらいやって、その上食事もコントロールして減量していたので、自分の
本来の適性体重より軽かったと思いますが、食べたいものも我慢してトレーニングし続ける
毎日はけっこう辛かったです。その反動で、引退後はトレーニングらしいトレーニングをして
いなかったですし、食べたいように食べていたので、重量オーバー気味になりました(汗)

食べたいものを食べたいように食べて、お酒を飲んで、トレーニングもしないでいれば、以前
の生活から考えれば太るのは当たり前なので、「あははー太っちゃった~♪太っても良い
生活って楽だわぁ~!」くらいにしか思ってませんでしたが、過去の怪我の後遺症の状態
が悪くなって、さすがにマズいなと思い、毎日大学から家まで歩いて帰るようになりました。

とにかく歩くだけです。でも、ただ漫然と歩くのではなく、身体のどこを動かしているのかを
意識しながら、なるべく多くの身体のパーツをバランスよく動かすように歩きます。これは
以前のようなキツいトレーニングではないですし、一歩一歩自分の力で家に辿り着こうとして
いるんだなぁと思いながら歩いて帰宅するのも、結構楽しいものです。おかげで身体の不調
はほとんど解消できました。運動量をこのままにして、食事量と飲酒量(笑)をもっと減らせば
当たり前ですが体重は減ると思います。つまり、太るのも、身体に痛みが出るのも、普段の
生活に原因があり、何かが間違っているのだということだと思います。

太りたくない、身体の不調をなんとかしたいと思うならば、普段の生活を見直し、どこに原因
があり、どうすればその原因を取り除けるのかを考え、行動を変えなければなりません。
たとえば、痩せる健康食品だとか、運動しなくても良い健康器具などは、実際に効果があった
という話を周囲からは聞いたことがありませんし、万が一明らかに高い効果があったとしたら、
それは高いお金を払って、強烈に自分の身体に負担をかけているということではないかと
思います。食事量を変えずに体重を落とす成分って、一体どんなものなんでしょうか?どんな
ものであっても、人間が身体に取り込んだものは、身体が処理しているということですよね。
その処理の過程で、食べた栄養分が無かったことになってしまうという不自然な反応が起こる
物質を、本当に「健康食品」と言って良いのでしょうか?

それに、そのような方法では、ある結果(太る)の原因(栄養過多)を取り除かずに、別の
原因を付け加えて、更に別の結果に表面的に変えているだけなので、その状態を維持する
ためには、一生その方法を続けていかなければいけないという事になってしまいます。

「健康」に生きるってどういうことでしょう?わたしは、自分の身の回りのことは、なるべく自分
の身体を使って自分でやること、その動いた分量に見合う分だけの食べ物をありがたく頂く
こと(1日必ず3食食べなければいけないとも思っていません。「働かざるもの食うべからず」は、
健康のための言葉だと思っています)、そして情報に過剰に反応しないことだと思っています。

「情報」にはさまざまな側面があります。情報によって生活がより良くなることも多いですが、
「その情報で利益を得る人や企業」がいる場合もとても多いです。特に「健康」に関する情報は
生きているほとんどの人にとって関心のあるものですから、その分利益に直結しやすい情報だ
ということを、情報を受け取る側のわたし達も、考えておく必要があるのではないでしょうか。

情報に踊らされるのではなく、自分自身の身体ときちんと向き合って、必要ならば生活の仕方
を変えて、それを習慣づけていくこと・・・。「健康」にお金がかかるのはおかしなことだと冷静に
判断できる力が、今の社会を健康的に生きていく上で、もっとも必要な能力かもしれませんね。

カラダの声を聞くということ

現役のスポーツ選手を引退した後、体調不良に悩まされていたわたしは
本当にさまざまな「治療法」というものに手を出しました。

スポーツマッサージ、理学療法、整体、按摩、鍼灸、ヒーリング系治療全般
食事療法、絶食療法、マクロビオテック、漢方薬、アロマやレメディなどなど・・・・

でも、どれも少しは効果があっても、ずっと通い続けたり、長期間継続して
いかなければならなくて、なんとなく納得ができませんでした。

それって、ある意味依存ですよね。その治療がなければ元気でいられない
なんて、いつまでたっても本当の健康体とは言えないのではないかと・・・。

たとえば、体に歪みがあって何かしらの症状が出ている場合、整体などの
物理的治療で矯正しても、すぐに元に戻ってしまうので、延々と治療し続け
なければなりません。

鍼灸やマッサージは、ツボなどに刺激を与えることによって、対処療法的に
痛みを軽減するだけのような気がしていました。

漢方薬、アロマ、レメディなどは、自然界の物質だから安全と言いますが、
カラダに化学的な作用を及ぼしているという意味では、西洋医学の薬と
結局は同じことではないかと思いました。

食事療法、マクロビオテック、絶食療法などは、楽しんで続けられれば良い
とは思いますが、あまりにも厳格に食べ物に神経を尖らしていると、それが
また精神的に負担になってしまい、本末転倒のような気がしました。

また、わたしは2週間の長期絶食を2度やったことがあるのですが、絶食中に
ものすごい幸福感と、何でもできてしまうような全能感を味わってしまって、
これはちょっと危ないなと思いました。絶食を始めて数日たつ頃から、脳内
で自家製の麻薬物質が分泌されるのだそうです。

それ以外にも、サプリメントや健康食品の類も散々試しましたが、納得のいく
ようなものには結局出会えませんでした。

でも今は、体中の痛みが無くなっていて、数年前よりもずっとずっと元気です。
20代前半から長年悩まされていた首と肩の痛みや腰痛も、今はすっかり無く
なっています。

どの治療法もダメだったのに、どうしてそんなに調子が良くなったのか言いますと・・・

2年ちょっと前に、今通っている大学に入ってから、学校が終わった後、家まで歩いて
帰っているだけなんです。(少し早足で歩いて、およそ1時間くらいの道のりです)

ただし、ただダラダラと歩けば良いというわけでは無さそうで、歩いている間ずっと、
どこの筋肉と骨を使っているのかをキチンと意識し、背筋を伸ばして良い姿勢を
保ちながら、全身を使って上手に歩くことがポイントのようです。

そして、普段の生活の中での深い腹式呼吸もとても効果があるように思います。
呼吸をするとき、息を全部きれいに吐き切ることができないと、カラダが必要として
いる分量の酸素を、呼気で吸い込むことができないのだそうです。

そうなれば、わたしたちのカラダはずっと酸素不足で、脳にも、どの臓器や筋肉にも
負担を掛け続けることになってしまいます。

本当に基本的なことですが、生きているということは、息をしているということですし
カラダを動かすからお腹が空いて、夜には良く眠ることができるように思います。

やらなければいけない基本的なことがいい加減なまま、薬や治療やヒーリングに
頼って、その場限りの気持ち良さに甘えていながら、健康になりたいだなんて、
今から考えてみれば、自分のカラダにかえって申し訳ないことをしてしまっていた
んだなぁと、いまさらですが少々反省しています。

体調が悪くなると言うことは、わたしのカラダの使い方の何かが間違っていると
いう、カラダからのメッセージだったんだと思います。その間違いに気付いて、
それを正そうと努力することでしか、本当の健康は得られないように思います。

とてもとてもシンプルな方法ですが、実践してみて、その効果は絶大でした。
体調不良に悩んでいる方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
健康に生きていくために必要なことは、巷に溢れる健康情報に踊らされる
ことなく、キチンと自分のカラダの声を聞いて、それに答えることだと思います。

健康なカラダへの目覚め

わたしは10代の終わり頃から10年以上、
プロスポーツ選手として生活してたんですが、
その当時は筋力トレーニングや食事調整など、
徹底的に自己管理する生活を続けてました。

特にスポーツ栄養学にはすごく興味を持っていて、
当時はまだ珍しかったカーボローディング(炭水化物タイミング摂取法)や、
マクロビオティック(玄米菜食)なども取り入れたメニューを
ウェイトトレーニングと組み合わせてみたりしてました。