中林 香が贈る女性のための心と体と車のブログ

元女性カーレーサー中林かおるが、男性社会でキャリアを積みながら身をもって学んだのは 『男と女は肉体的にも心理的にも全く違う生き物』 ということ! 女性が無理やり男性と同じ枠組みで生ききようとすれば、ココロやカラダに大きな負担を与えることになりかねません。
クルマの運転はもちろん、心の問題や体の不調、ストレスなども、女性であることを大切にしたアプローチで、もっと減らせます。男社会で生きてきたからこそ身に付いた、女性がもっと楽になる、ココロとカラダに優しい生活のための知恵やテクニックをご紹介していきます。

中林 香

クルマともっと仲良くなる!

あなたは普段乗っている自分のクルマに対して
どんな感情を抱いていますか?

自分で一生懸命貯めたお金で買ったクルマだったり
そのクルマがずっと欲しくて、長い間待ちに待って
ようやく手に入れたものだったりすれば、
あなたはそのクルマが大好きでしょうし
とても大切に扱ってあげるに違いありませんね。

でも、予算の関係で仕方なくそのクルマに乗り続けていたり
家族で共用していて愛着が沸かなかったりすると、
あなたはクルマを単なる移動の道具としてしか見ないでしょうし
気に入らない部分ばかりが目立ってしまうかもしれません。

そうなると、そのクルマの扱いも乱雑になってしまったり
手入れをしてあげようという気持ちにすらなりにくいでしょう。
あなたがクルマを単なる道具にすぎないと考えているならば
それは仕方がないことかもしれません。

わたし達はもうずいぶん長いこと「物を使い捨て」にしてきましたし
すぐに買い換えるのが当たり前と感じるようになっていますから。

けれどわたしには長年クルマに乗っていて強く感じたことがあって
今回はその話をさせていただきたいと思います。

それは『クルマにも個性や感性がある』ということなんです。

ただの物質であるクルマに感性があるなんて言うとアタマがおかしい
と思われるかもしれませんが、
わたしは実際どのクルマにもそれぞれの個性や感性を
ハッキリ感じていました。

それを理解してクルマと仲良く付き合えたことで
クルマと一緒になってドライブを楽しむことも出来ましたし、
クルマがいろんなことを教えてくれていたとも感じています。

たとえば犬や猫などのペットに対して
「ただの動物なんだからココロや感情なんてあるわけないじゃん!」
と思えば、その動物たちに情を持つこともないでしょうし
動物たちもそれを感じてあまり近寄って来ないでしょう。

逆に、まるで人間に接するように話しかけてあげて
自分の大切な家族であることを伝えてあげれば、
ペットたちは献身的にわたし達を愛してくれますよね。

それとまったく同じで、たとえ道具であっても思いやりの気持ちと
理解しようとする気持ちを持って接してあげれば、
あなたにとってドンドン使いやすい性格のクルマに変化してくれて
あなたの感性に合った動きをしてくれるようになると思うんです。

道具と動物では命があるかないかの大きな違いがあるから
一緒に出来ないと思われる方もいるかもしれませんが
モノだから、命がないから個性も感性もあるはずが無いなんて
なぜ決め付けることが出来るんでしょうか?

あなたがクルマを自分の一部として、
かけがえの無い存在として大切にしてあげればあげるほど
クルマも必ずそれに答えてくれるようになります。

単なるモノだと思えばそれだけのものに過ぎないでしょうけれど
もしもあなたがモノの中にそれ以上の何かを見出してあげるなら
それはあなたにとっては単なるモノではなくなります。

きっとあなたを助けてくれて、生活をもっと豊かに楽しませてくれる
頼もしい友人のようなステキな存在になってくれるでしょう。

そこでぜひお勧めしたいのは『クルマに名前をつけてあげる』こと。
ペットに名前を付けるように、クルマにも名前をつけてあげると
そのクルマは世界で唯一のあなただけのための存在になります。

名前をつけてあげることでそのクルマは独自のアイデンティティーを持って、
『単なるモノ』以上の存在感を発揮するようになってくれるんですね。

ちなみにわたしの最初のクルマの名前は「チャーリー」で
2台目は「アレックス」でした。(なぜ洋名なのかは不明。笑)
今でもそれぞれのクルマの性格はハッキリと覚えていますし、
古い友人のように懐かしく思い出したりもします。

あなたのお気に入りの愛車ならばもちろんのこと
ちょっと気に入らないと思っていたクルマであっても、
あなたの好きな名前をつけて可愛がってあげるだけで
きっと今までは感じなかったような新しい関係が生まれますよ。

ぜひ試してみてください♪

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dp45114141.lolipop.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/112