中林 香が贈る女性のための心と体と車のブログ

元女性カーレーサー中林かおるが、男性社会でキャリアを積みながら身をもって学んだのは 『男と女は肉体的にも心理的にも全く違う生き物』 ということ! 女性が無理やり男性と同じ枠組みで生ききようとすれば、ココロやカラダに大きな負担を与えることになりかねません。
クルマの運転はもちろん、心の問題や体の不調、ストレスなども、女性であることを大切にしたアプローチで、もっと減らせます。男社会で生きてきたからこそ身に付いた、女性がもっと楽になる、ココロとカラダに優しい生活のための知恵やテクニックをご紹介していきます。

中林 香

慣れるより習おう!

皆さんの中にはクルマを運転するコトを楽しいと感じている方もいる
でしょうし、とてもプレッシャーを感じる方もいらっしゃることでしょう。
同じ1つのコトなのに、この違いはどこから生まれてくるのでしょうか?

運転が怖い、苦手意識があるという方にお話をうかがうと、たいていの場合
「慣れていない」「判断が追いつかない」「下手くそと言われた」
といったような言葉が返ってきます。たしかに、免許を取ってすぐに
ベテランドライバーのような運転はなかなかできないでしょうし、経験
の少ないコトに対して恐怖を感じるのは誰にとっても自然なコトでしょう。

わたしたち人間は、産まれてからずっと、この「経験と慣れ」という
作業を繰り返して生きているといっても良いかもしれませんね。

赤ちゃんの頃には、何度も転びながら立ち上がるコトを覚え、
誰に教えられるコトもなく自分の力で1歩づつ歩き始めますよね。
この時にもし「慣れていない」「判断が追いつかない」と感じてしまう
赤ちゃんがいたとしたら、その赤ちゃんは歩くことに対して恐怖を
感じて、一歩も踏み出せなくなってしまうことでしょう。

鉄棒も縄とびも、自転車に乗ることも、初めから上手にできるわけ
ではなくて、なんども失敗を繰り返しながらカラダがその感覚を覚え
るまで練習して習得したのではないでしょうか。
どれも上手くできるようになるまでは、自分の動作以上のコトは起こ
りにくいし、起こったとしても自分でなんとかコントロールできる範囲
に留めておけたから、慣れるまで思う存分練習ができたんですよね。

それらに比べると、クルマの運転は少し勝手が違うかもしれません。
まず、クルマの運転は機械が担う部分がほとんどなので、経験や
慣れとは関係なくアクセルを踏めばスピードが出てしまいます。
クルマの運転で経験を積むコトによって上手くなるのは、スピードを
速くするコトではなく、周囲の状況にあわせてスピードをコントロール
することなんです。

そして、クルマに乗って走り出したとたんに、わたしたちはいきなり
実践の場面に放り出されてしまいますよね。クルマは道路しか走れ
ませんし、その道路にはさまざまな他者(他のクルマや歩行者)
がすでに存在しているわけですから、どんなに慣れていなかったと
しても失敗が許されない状況ということになってしまいます。
ですから、慣れないうちは恐怖や不安を感じるのが当たり前ですし、
もしも全く感じないならば、その方がかえって危険なコトですよね。

運転に慣れるまでは怖いし、怖がって運転しなければ慣れるコトが
できない・・・。それではどうしたら安全に運転の経験を積めるのかな
って悩んでしまいますよね。

そこでわたしがオススメしたいのは「慣れるより習ってしまおう!」
というコトなんです。

あなたの周りで運転が上手いな~と思う人がいたなら、その人の
助手席に座らせてもらって、とにかくじっくり観察してみてください。
観察するポイントはドライバーの動作だけではなく、周囲の状況も含め
「そのドライバーが何を感じ、どう対応しようとしているのか?」
というコトです。最初はわかりにくいかもしれませんが、その場合は
まずクルマの外の状況(信号や他のクルマ、歩行者など)に注目して
何かの変化があったらドライバーの目の動きや動作がどうなるのか
を確認するようにしてみると、少しわかりやすくなるでしょう。

そのうちに「上手なドライバーは何かが起こってから対処するのでは
なく、何が起こるのかを予想しながら走っているんだ。」
というコトに
気がつくようになると思います。この「予測」の部分が経験や慣れの
大きな利益になる部分なんですね。経験が浅いというコトは、この
「予測」が出来ないため、何もかもがいきなり起こるように感じるし
何かが起こってから慌てて対処しなければいけなくなるから怖いと
感じてしまうんです。

ですから、実際に自分で運転しなくても、運転が上手い人の「予測」
のしかたや反応を学んでしまえば、自分が運転する時にその学習
が経験不足を補ってくれて、それまでのように「ただ怖いだけ」という
状況を大きく改善できるというわけなんです。

ただし運転を観察させてもらう相手を選ぶ時には、その人の運転なら
リラックスして安心していられるというような「自分と感性の合う人」を
見つけてくださいね。

また、教え好きな人を助手席に乗せて運転を教わるのは、かえって
逆効果になることが多いものです。なぜならば、運転中に横から
色々と口出しされると、それ自体が外部刺激になってしまい集中力
を妨げてしまったり、緊張を増してしまうからなんです。
隣に乗って「下手くそ」なんて言われたら、ますますどうしたら良いか
わからなくなってしまいますよね。

実際に自分で経験しなくても、経験の多い人を観察するコトで得られる
ものが多いというコトは、クルマの運転であっても普段の生活であって
も同じなのかもしれません。ただ一方的に教わろうとするのではなく、
自分から観察して盗むくらいの感覚でいられれば、経験や慣れを十分
に補ってくれる「何か」をきっと得ることができるでしょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dp45114141.lolipop.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/119